墓について

墓について


墓は、遺体を葬り、故人を弔う場所で墳墓、墳塋などともいう。 一般に墓には墓石、墓碑などを置く。
「墓場」という語は、墓地と刑場の2種類の意味があり、文脈で意味するものが異なる 墓で有名なのは、面積で世界最大とされるのは日本の仁徳天皇陵である。 日本では遺体を葬るのに墓を使うが、ヒンドゥー教では遺体を火葬したあと遺骨を川や海に流す。
日本では遺灰いを海や墓地公園に散らばめるやり方が最近暗黙の域としてあるが、法律的にはしてはいけない。

戦前では自身の所有地の一角などに墓を建てることが多かったが、戦後では公園墓地で管理してる所が多い。 大規模な公園墓地は寺院や教会が保有、管理してることが多い。
昔は一国の王などの有力者が大きな墓を造ることが多く、墓の存在意味としては業績を後世に伝えるもの。 墓は法律上墳墓といい、遺体や遺骨を納める構造物のことをいう。 日本では1家族で1つの墓を建て、直系で墓の権利と業務を受け継いでいく形式が一般的であった。 第二次世界大戦後に身分制度がなくなり、宗教に捉われない墓のスタイルが日本で脚光を浴びた。 日本における最初の墓石は「千引石」と言われている。

縄文時代の墓の遺跡として青森県の三内丸山遺跡がとても有名である。

ページのトップへ戻る